外国為替/FXの用語集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クロス取引とは、ドルを介さない為替取引のことで、EURクロスといえば、EURを中心とした取引、円クロスと言えば円を中心とした取引を意味している。記述は、EUR/JPY, EUR/GBPとなる。

外債とは、外国において、発行・募集された債権のことで、額面金額、クーポンが外国通貨で示されている。発行は、海外の政府や企業など。外貨建てで発行される外貨建て外債が主流ですが、円建てで発行される円建て外債もあります。外債は債券を発行している国や企業などが債務不履行を起こすと元利金が戻ってこない恐れもあるので、格付けに注意が必要。

非居住者が、日本において発行、募集する円建ての債権は円建外債と呼び、外貨建の債権を外貨建債権と呼んでいる。

英国とその植民地であった国との連合体として1931年に発足。緩やかな集合体で、政治的な拘束事項はなく、現在の加盟国は54か国。加盟国のひとつであるカナダの通貨(カナダドル)は現在、ドルを中心に1ドル=1.2050カナダドルと市場では建値されている。

外為市場で「終値」という場合、各市場によって統一されているわけではないが、午後5時頃のレートをいうことが多い。ただ、終値を商取引に使う場合は、きちんと時間を明示して取り決めておかないと誤解を生む可能性もある。

インベストメントバンクとは、一般に「投資銀行」といわれるが、具体的には欧米の巨大証券会社を指すことが多い。多数の顧客を抱え、株式や社債の引き受けなど、市場を通じた企業の資金調達の仲介役、企業のM&Aなどのコンサルティング業務を行なう会社。銀行市場に参加する会社もあるが、マーケットメーカーにはならずに、銀行の顧客として市場に参加している会社もある。直訳すると、投資銀行となるが、日本では証券会社の業務である。

<<前のページ >>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。